toggle
ブログ【飾る生活】

DIYも使って、普通のお部屋を高級感あるアロマサロンに!

こんにちは、京都インテリアショップオーナーのDECO-TEです。
最近めっきりDIYづいているDECO-TEです。今日は床のタイルカーペットを張って参りました!

アロマテラピーサロンのインテリア提案

お客様はこれからアロマテラピーのサロンを開業される、shinoa さんです。アロマへの理解を深めてもらうお教室とアロマを使ったマッサージを、二条麩屋町のこのお部屋で本格的に始められます。
「大人のリラックス空間を」というご要望で、DECO-TEがお部屋づくりをお手伝いさせて頂くことになりました。

お部屋はいたって普通のお部屋、付属の蛍光灯のおかげで雰囲気はあまりありません。せっかく来て頂くお客様に、心からリラックスして頂くためには少し工夫が必要です。お部屋はもうご準備されていたので、家具を揃えながら少しずつお部屋をつくっていくことにしました。

 

初心者におすすめDIY!床をタイルカーペットに♪

IMG_8752

最初に打合せさせて頂いた時に気になったのが、音の反射。何も家具がないというのもありますが、音がぼわぼわと響いて落ち着きません。ホテルなどはカーペット敷きが多いですが、吸音してくれるようなファブリック類に囲まれたお部屋というのは、なぜか落ち着きます。逆に靴音が響く様な硬質な空間だと、緊張します。

というわけで、サロンにはカーペットを張ることにしました。しかもDIY!

DECO-TEではなんでもかんでもDIYをお勧めしている訳ではないのですが、例えば今回のように9畳ほどのお部屋を張るために職人さんをよぶのはもったいない!と思っちゃうんです(*´Д`)=3 貧乏性ですね…。カーペットは置くだけなので、あとで落ちるとか曲がるとかいう心配はありません。しかもカーペットタイルなら一枚の大きさが50㎝角で、扱いやすい。カッターさえあればできる。まさにDIY初心者にもってこいの材料なんです。

IMG_8754 _2

というわけで、4時間ぐらいの作業でこんな風になりました!写真ではお伝えしきれませんが、これがとーってもよくなりました。足触りが気持ちよく、クッション性が高く、なおかつ色も実にいい色。もう自画自賛です(笑)あ、商品がすばらしいんですけどね。

普通タイルカーペットというと、オフィス等にはられる味気ないものをイメージされるとおもうのですが、昨今のDIYブームも手伝ってか、とてもいい商品が東リさんからでてました。これなら十分。いやー、ほんとDIYってすばらしいです!

というわけで、これからもどんどんよくなる予定です。続きをお楽しみに♪

インテリアメール相談でなにがわかるんでしょう?

みなさんこんにちは、インテリアショップオーナーDECO-TEです♪

いよいよ梅雨に突入でしょうか、京都は今日も雨です。おかげさまで毎日仕事があり(笑)、魅力的なお客様と夢のお部屋について打合せをしたり、何度みても見飽きない美しい家具について調べたり、充実した毎日を送っています。ちょっと前までは仕事2割、仕込み(サイトづくりやブログなど)8割ぐらいだったのが、うれしいことに逆転してます。そしてもっとうれしいことは、仕事0(ゼロ)期に赤ちゃんだったこども達が無事に育ち、昨日はお姉ちゃんが保育園に迎えに行って兄弟で待っていてくれました。こういうちょっとしたことで、仕事がぐんと楽になります。

お客様におしえてもらった、インテリアのチカラ

定期的に仕事があるのは、始めたばかりのインテリアメール相談があるからです。どんなお悩みがあるのか、こちらはどんな提案ができるのか、模索しながらのサービスなので全力で取り組んでいます。でも直接お客様とやりとりする経験は発見が多く、なによりとても喜んでくださるのが私の力になっています。

IMG_8018

先日ご依頼いただいたお客様は「気分を明るくしてくれるようなお部屋にしたい!」とご要望いただきました。私のブログも読んでくださっていて「(ブログを読んで)自分でもペイントができるような気になっています♪」とおっしゃっていただいたので、ROOMBLOOMの中からおすすめの黄色を何色かご提案させていただきました。

インテリアを仕事としていることでその方の気持ちを元気づけるお手伝いができたり、喜んでいただけるなんて、なんていい仕事なんだろう!と改めて感動しました。

「ほしかった照明を買う勇気がでました」

IMG_8487

「ほしかった照明を買う勇気がでました」こんなことをいってくださったお客様もいらっしゃいました。憧れの椅子や照明があっても高価なものは、そう安易に購入できません。なにを買えばいいのか、今の家にあっているのか、それを買えば自分が理想とするイメージになるのか、疑問や不安はつきません。

そんな時にメール相談のご依頼をいただきました。ご要望の中に照明はなかったのですが、アクセントを加える1例としてartek社のGolden Bellなど真鍮のペンダントライトを写真でいれました。ところがお客様にとってartek社のランプはずっと憧れだったとのことで、提案に入っていたことで決心できました!とうれしい展開となりました。

 PENDANT LAMP A331

PENDANT LAMP A331 Designer: Alvar Aalto

実際にご購入されたのは同じartek社のBEEHIVEというランプ。「蜂の巣」という名前の素敵なランプです。お客様のお部屋にあわせてコードの長さを調整するなど、DECO-TEで手配させていただきました。(だってほら、インテリアショップDECO-TEですから♪)

なによりすごいのは…

インテリアメール相談をはじめてなにより私が驚いているのは、やはりお客様の行動力なんです!ご依頼いただいて10日前後で「インテリアイメージシート」を送ると、すぐに「模様替えやってみました!」とか「購入しました!」とお返事がきます。写真を送って効果をレポートしてくださる方もいました。
S邸LDイメージ
「インテリアイメージシート」は「これが正解です」というよりは、「こんな風にしたいなら、こんな方法も、こんな商品もありますよー」というゆるーい感じでつくっています。その中からお客様が気に入った商品をみつけたり、出来そうなことを実践できる手助けになればと考えていました。

でもそのシートを見て、お客様はどんどん部屋を変えてつくっていかれます。私なんていつでも腰が重いのに、みなさんのフットワークの軽さに本当に頭が下がります。

多分(つくった本人がいうのもなんですが)インテリアメール相談というサービスは、みなさんがスタートを切る合図のようなものなのかなと思っています。どちらを向いて走ればいいのか、走るためにはどんな準備が必要なのかをヒントとして提示することで、迷いなく走り出せる、というような…。

というわけで、今日もこれから商品セレクトに取りかかります!みなさんもよい一日を!

インテリアショップオーナーのDECO-TEです。肩書きかえてみました♪

IMG_7403

おはようございます、インテリアショップオーナーDECO-TEです♪

商用ブログを書く人はみんな出だしに肩書きをつけます。そうすることで検索されたときひっかかりやすいから。私も「京都、インテリアコーディネーター」で検索されたときに出やすいようにそう名乗ってたんですが…。

なんか、ださい(;´-`)

試しに成果はでてるのかなーと思って先ほどGoogleで検索したら、結果でてました!一番目のページにおります!確かに私に依頼してくださる方は、やっぱり「インテリアコーディネーター」で調べて連絡くださいます。そう、それ以外呼び名がないですもんね。そしてフリーでインテリアコーディネーターやってる人はあまりいません。なぜならフリーのコーディネーターに頼まれる方があまりいないからです(-д-;)

じゃあなぜ私はやっているかというと、とにかく「インテリアの本当の魅力を伝えたい!」「今はその楽しさがまだまだみんなに知られてない!」と思ってるから。それからちょうど起業した時にこどもがまだ小さかったので、「保育園料は払うから3、4年だけ挑戦させてください!」と夫に了解してもらってるからです。相変わらずオーダーは少ないのですが、でも確実にみなさんの興味を肌で感じています。そして「インテリアメール相談」というあたらしいサービスが好評です。

そんな訳で(どんな訳?)、肩書きはインテリアコーディネーターからもっとかっこいい感じの「インテリアショップオーナー」に変えることにしました。もっと多くの方にインテリアの魅力をお伝えしたいんです!

 

実は家具も売っています
Masters by Kartell

デザインはもちろん、座り心地もいいMastersも扱ってます♪(お取引きのあるToyo Kitchenさんショールームにて)

つい最近まで気がつかなかったんですが、DECO-TEは実は家具も売っています。どうして気がつかなかったかというと、私は「手配している」と思っていたから。

インテリアコーディネーターはお客様のご要望に合わせて家具をセレクトしたり、カーテンなどのファブリック類をオーダーしたりしています。コーディネーターにとって信頼できるお店や担当者を知っていることは、お客様へ納品するクオリティをあげることになるのでとても重要です。

でもお客様からしたら私にお金をお支払いいただいて商品が届く訳なので、「私から買ってる」ということ。つまり「私はインテリアショップ」と名乗っていいんじゃない?と思っちゃったわけです(●´艸`)

 

購入までの道のりって結構長いですよね

私自身もそうなのでよく分かるんですが、家具やカーテンを購入するときって、本当に大変な決断ですよね。どれだけ憧れていてもやっぱり高額な買い物だったり、そうそう買い替えるものではないので本当にそれがベストなのか?失敗しないか?不安がつきないものだと思います。

洋服や化粧品、どんなものでも「迷う」ことはよくあり、店員さんに相談したり友達の意見を聞いたりして購入を決断します。ただ家具や照明は自分の家がベースにあり、それをインテリアショップに持ってくる訳にはいかないので、写真を見せたり、間取りを持ってきたりして店員さんの意見を聞きます。

最近大手のインテリアショップではきめ細かいコーディネートサービスが無料で受けられるので、そういうサービスを利用するのもいいかもしれません。

 

DECO-TEが目指すインテリアショップの姿

IMG_7887

そんな中(若干夢も入ってますが)DECO-TEが目指すインテリアショップの姿は、いろんなテイストをミックスしたい人のためのインテリアショップ。昨日の記事「海外インテリア(ミックススタイルインテリア)ってなに?その特徴と魅力教えます♪」でもお伝えしたように、ミックススタイルは本当に楽しいインテリアなんですが、下手をするとごちゃごちゃになりやすいインテリアスタイルです。でも今までの私の経験から「どうあわせるか」はたくさんアドバイスできるんじゃないかと思っています。

またあわせた時にアクセントになるもの、ひとつあるだけでお部屋の印象をあげてくれるものなど、へやづくり目線からみた商品も紹介したいな、と。

というわけで、まだまだ空っぽのインテリアショップですが、お客様のご相談は受け付けております!こんな風にしたい、こんな家具が欲しいなどインテリアメール相談でお問い合わせください♪(現在お申し込みの方がおられますので、納期は15日ほどかかります)

パリのアパルトマンをつくる、インテリアコーディネートはじめる

IMG_0980

おはようございます、京都のインテリアコーディネーターDECO-TEです。昨日は家族のイベントで、神戸へ行ってきました。頂いた券を使って、ランチクルーズで中華バイキング。もうこれ以上無理!というほど食べても、半分ほどの種類しか食べられませんでした(泣)。でもどれもとても美味しく、海は気持ちよく、いい週末を過ごせました。

ところでこの日は家族の用事だけではなく、お仕事も兼ねてのお出かけでした。クルーズには1ヶ月前から予約していたんですが、偶然そこからすぐの場所でお仕事の依頼を頂いたんです。神戸までは京都から1時間半程度、以前2時間かけて大学へ行っていた私には朝飯前です♪

ご依頼頂いたのはパリのインテリアを紹介している「ジュウドゥポゥム」シリーズが大好きな女性、とにかくインテリアを遊びたい!というお客様。この方がとっても魅力的な方で、はじめてお会いしたのに、とてもリラックスして話をさせていただきました。マンション全体のコーディネートなので、お話を伺った後はひたすら採寸。でも帰りの電車から、私のなかで熱い炎がめらめらしてきました。

インテリアコーディネートはお部屋の内部をつくる仕事ですが、実は内部といってもできあがった時には結構がらんとしています。モダンやミニマリストが好きな方には、シンプルな素っ気なさがいちばん美しく見えるようにご提案しますが、パリのアパルトマンのような、個性がにじみ出たお部屋を求められている方には別のアプローチが必要です。「ジュウドゥポゥム」にでてくる部屋の住人はアーティストやデザインやファッションを学ぶ学生が多く、日頃ものを作り慣れている人たちです。そういう人たちが時間をかけてつくりだしている雰囲気が、あのなんともいえない味になっています。

でも普通は憧れてもつくれませんよね、こんなお部屋。そこで私に声をかけて頂いたんです。正直に白状すると、通常のインテリアコーディネートの方法をつかっていたのでは、お客様は満足させられないと思っています。だから私にしかできない方法で、なんとか喜んでいただけるようなものがつくりたいと!

さあ、どうしましょう???これから2週間、奮闘する予定です♪

新しく始めた「インテリアメール相談」とは…

IMG_7341

<いなくなったエンビ>

おはようございます、京都のインテリアコーディネーターDECO-TEです。
春休みはまたまた鵠沼の実家に帰省し、子供にとっての曾祖母二人、祖父母宅巡りをしてきました。途中家の猫が行方不明になり、滞在途中で家に帰ろうかと思いましたが、1日後に無事帰還しほっとしました。御年13歳ですが、まだまだやんちゃです。

4月からはあたらしく始めた、インテリアメール相談のお返事を書いています。やはり収納とか、子供服やおもちゃの整理等の質問が多くて、忙しい中で苦労されている様子がうかがえます。メール相談はもっと気軽にお部屋のことを相談できる場所があったらいいんじゃないかと思ってはじめましたが、私自身もみなさんのお悩みがダイレクトに伝わってくるのですごく勉強になります。

家事見習い中!#books

@decoteが投稿した写真 –

日頃見た目のことばかりを話してますが、やはり気持ちよく家事ができるという日常の先にインテリアがあるんだろうと改めて思いました。で、家事を猛勉強中Σ(´ⅴ`lll) 収納をデザインするのに「収納計画」は書きますが、一日の流れとか、家事効率とか時短とか、そんな部分も含めて提案できたらいいなと思っています。

メール相談はこちら(サービスのページへ)から

※追記2015.12.10 …現在このサービスはお休み中です

それにしても、収納のお悩みはお客様のおうちへいって一緒にお片づけしたいです!なんとももどかしいっ。京都のお客様なら対応できるのですが、全国になるとそうはいきません(泣)代わりに実家を掃除してきました(*≧m≦*)

毎日寒くて、ストーブがなかなか片付けられませんね。体調管理にご注意ください♪

【レポート】2月25日のペイントレッスン

おはようございます。京都のインテリアコーディネーターDECO-TEです。
京都は今晩雪だそうで、気温も急降下。もう3月なのに…。実は冬は1階のアメリのアトリエがあまりにも寒いので、2階で作業しております。そろそろお店の準備も始めたいし、はやく1階におりたいなー。

 

さてだいぶ経ってしまいましたが、前回のペイントレッスンレポートです!

IMG_8018 IMG_7890_1

使用した塗料は12月のペイントレッスンで使ったのと同じ、ROOMBLOOMの#freckleです。チョコレート色のやさしい茶色です♪それを子ども部屋として使っているお部屋の壁に塗ってもらいました。我が家は古い家なので、窓枠の茶色が必要以上に濃い(泣)それを目立たないようにしようと、茶色をセレクト。背景を茶色にすると、ピンクとか水色といったパステルカラーがとてもかわいく映えます。

DSC_0148

iemoをみて申し込んでくださったお客様は、なんとご近所さんで自転車で来てくださいました!iemoってすごい♪いつものようにペイントの説明をしてから、実際に塗っていただきました。とても素敵な指輪をつけていらっしゃったので、ペイントがついてしまっては大変!外して頂きましたd(´▽`)

IMG_7975_2

出来上がりがこちら♪窓枠やフローリングの嫌な茶色が目立たなくなり、黄色いラグやアクセントカラーに目がいくようになりました。かわいいカーテンをかけてあげなくてはいけませんね。

次回のペイントレッスンは、3月22日(日)13:30-15:30です♪ご希望の方はメールにてお申し込みください。

会場 :DECO-TE 京都市中京区(阪急大宮駅から歩いて10分・住所はご予約の際にお知らせします)
申込先:deco.te.kyoto@gmail.com (名前、参加人数、住所、電話を書いてお申し込みください)
日程 :3月22日(日)13:30~15:30
参加費:1500円
定員 :4名/※ご家族での参加も可能です。事前にお知らせ下さい。

ペイントレッスンを申し込む

ROOMBLOOMにもお知らせがでております!

 

ママ必見!お休みはこどもとペイントに挑戦♪これだけ気をつければ大丈夫です!

IMG_7197

おはようございます!

今日は七夕ですねー、
長男の保育園では「プールびらき」「七夕パーティー」「お誕生日会」の3つのイベント同時開催で、朝からいつになく張り切っていました。

IMG_7198_2

先週土曜日は「ROOMBLOOM x DECO-TEのペイントレッスン!」

みんなでわいわい、和室を赤に塗りました。

10463836_347760408711372_3067453895965595022_o

こどもたちも張り切ってます!

 

が、私は子どもと一緒にペイントすると、結構はらはらどきどき、

そりゃそうでしょ。こどもはいつだって制御不可能。

そんな人たちにローラーを手渡すのです。

 

というわけで、今日はちょっとマニアックですが、

わたしがかずかずの失敗のなかから学んだ、「こどもと一緒にペイントするとき気をつけたいこと」を書きとめてみたいと思います。

 

養生はしすぎて困ることはない!

写真 4

DECO-TEで教えているペイントは基本的に壁のペイントです。

ROOMBLOOMの塗料は粘度が高く垂れにくくなっているので、足下には

マスカーとよばれるビニール付きテープ(広幅)を床に敷きます。

大人だけならそれで十分。それだけでも優雅に、楽しく作業することができます。

ところがこの人たち、もうめちゃめちゃにします。

写真ではマスカーのみの養生となっていますが、この後床を拭くのが大変でした。

子どもと作業する場合は床にはブルーシートなどで全面隠す、

触ってほしくない家具にはマスカーや新聞などをかけて覆っておくことをお勧めします!

 

 

ペイントのバケツ1個につき、常に大人1人を配置!

写真 3

塗料は網付きのバケツに移し替えて、ローラーで塗ります。

ローラーに塗料をたーっぷりとつけて、それを網でしごいてから使います。

そうすることで、塗った時にほとんど垂れずに、快適に作業することが出来ます。

IMG_5884_2

ところがこの人たち、ローラーにぼたぼたしたたり落ちるほどの塗料をつけて、

垂らしながら塗ります。

床中が汚れるので、足がこんな風になっちゃいます!

というわけで、子ども達には塗料はつけさせない!

大人がバケツに1人常駐し、きちんと網でしごいてから子どもに渡す!

この手順を踏むだけで、ぐっと床が汚れにくくなります。

 

ちなみにこんな足でべたべた歩かれたら、すぐに塗れた雑巾で拭き取りましょう。

我が家は無垢フローリングにクリア塗装してますが、すぐふきとれば全く問題なく拭き取れました.

 

 

養生時間をたっぷりとる

ペイントは基本2回塗り、1回目をきちんと乾かしてから2回目を塗ります。

DSC_0021

通常は夏場1時間程度、冬場5時間程度で乾くので、日曜日の午前中から作業をはじめれば

一日で二回目まで塗ることができます。

でも!子ども達を放置してぼたぼたのままペイントをしてしまった場合、非常に厚塗りになります。

乾かないまま2回目を重ねると仕上がりが悪くなるので、乾燥はあせらずじっくり待ちたいものです。

子供が厚塗りしてしまったときは、部屋の換気をよくし扇風機等をつかってしっかり乾かしましょう!

 

以上、いかがだったでしょうか?

ペイントは家族でやるのもよし、お友達とやるのもよし、

子ども達もおかしをたべたり、友達と遊んだりしながらペイントをしていて、とても楽しそうにしてくれます。

せっかくのそんな一日を、お母さんが楽しめなかったら意味ないですよね。

これを読んで心の準備はしつつ、でもこわがらずにペイントに挑戦してほしいです!

ちなみにこんな風になりましたよ♪

それではー!

次回のペイントレッスン in 京都(阪急大宮駅そば) は2015年3月22日(日曜日)13:30〜15:30

参加ご希望の方は、 こちら

【京都開催】ROOMBLOOM x DECO-TE ペイントレッスン

お名前、連絡先、希望日時を書いてメールを送ってください!

 

 

 

 

 

 

DIYのすすめ!少しの工夫で家がもっと好きになる!

おはようございます!京都のDECO-TEです。

昨日から、自宅の土間スペースをお店にするための工事が始まりました!

IMG_7097_2

朝8:00からスタートして、もくもくと作業するクラニスムさん。

大阪で家具の修理、注文家具からリノベーションまで手がけるスーパーマンです。

さくさくすすむ横で、私もじみーにはじめました、Do It Yourself 略してDIY!

クラニスムさんは元々輸入車の営業マン、その後農家、そしていま家具職人と大変多彩な経歴をもつかたです。

でも一貫して、凝り性で、こつこつやるタイプ。

とても器用だからこそ出来るんだろうけど、彼がやるとどれも天職に思えます。

 

一方私はものぐさタイプ。面倒くさがり、はやく結果がみたいタイプです。

そんな私でも、インテリアを制すにはDIYせざるを得ない!

 

インテリアは高い?安い?

私はつくづく思ってますが、インテリアってほんとうに安い!

だって洋服を買おうと思うと、平気で1万、2万しますよね。

でもインテリアで1、2万の予算があったら、いろいろ楽しめます!

例えば1万ちょっとあれば 塗料が買えます!

DSC_0021

それで6畳のお部屋があっという間に別の部屋になります!

 

例えば1万あれば、トード・ボーンチェの照明が買えます!

IKEAに行けば、1000円で棚が買え、その効果たるや感動ものです!

IMG_5961

 

でもこれらの魔法を可能にしているのは、DIYだからこそなんです。

 

ちょっとずつの変化の集積が、家に対する愛着を生む

家への愛着は一朝一夕に湧くものではありません。

掃除したり、整理したり、手入れしたりして、自分にあわせていくことで家が自分仕様になります。

「ちょっとここに物を置く場所があればいいのに!」とか、

「もうちょっとここが明るかったらいいのに!」とか、

そういう細かい要望に応えていってはじめて、家が気持ちのいい場所になっていきます。

実は私はぜーんぜん器用じゃないし、DIYなんて全然好きじゃないんですが、

「きもちのいい家」をあきらめたくないので、しょうがなくやっています。

 

DIYは「ものづくりが好きな人」だけがやるもんじゃなくて、「きもちよく暮らしたい人」がやるべきものだと、私は思っています。

紙ヤスリで削っただけで、あまり好きじゃなかった赤茶の塗料の下から、

なんとも味のある木目がでてきました。

達成感を感じる瞬間、私の家になった瞬間です!

 

器用じゃなくてもできるDIYも、こちらでどんどん紹介していきたいと思っています!

 

 

1 2 3 4