toggle
2014-06-24

DIYのすすめ!少しの工夫で家がもっと好きになる!

おはようございます!京都のDECO-TEです。

昨日から、自宅の土間スペースをお店にするための工事が始まりました!

IMG_7097_2

朝8:00からスタートして、もくもくと作業するクラニスムさん。

大阪で家具の修理、注文家具からリノベーションまで手がけるスーパーマンです。

さくさくすすむ横で、私もじみーにはじめました、Do It Yourself 略してDIY!

クラニスムさんは元々輸入車の営業マン、その後農家、そしていま家具職人と大変多彩な経歴をもつかたです。

でも一貫して、凝り性で、こつこつやるタイプ。

とても器用だからこそ出来るんだろうけど、彼がやるとどれも天職に思えます。

 

一方私はものぐさタイプ。面倒くさがり、はやく結果がみたいタイプです。

そんな私でも、インテリアを制すにはDIYせざるを得ない!

 

インテリアは高い?安い?

私はつくづく思ってますが、インテリアってほんとうに安い!

だって洋服を買おうと思うと、平気で1万、2万しますよね。

でもインテリアで1、2万の予算があったら、いろいろ楽しめます!

例えば1万ちょっとあれば 塗料が買えます!

DSC_0021

それで6畳のお部屋があっという間に別の部屋になります!

 

例えば1万あれば、トード・ボーンチェの照明が買えます!

IKEAに行けば、1000円で棚が買え、その効果たるや感動ものです!

IMG_5961

 

でもこれらの魔法を可能にしているのは、DIYだからこそなんです。

 

ちょっとずつの変化の集積が、家に対する愛着を生む

家への愛着は一朝一夕に湧くものではありません。

掃除したり、整理したり、手入れしたりして、自分にあわせていくことで家が自分仕様になります。

「ちょっとここに物を置く場所があればいいのに!」とか、

「もうちょっとここが明るかったらいいのに!」とか、

そういう細かい要望に応えていってはじめて、家が気持ちのいい場所になっていきます。

実は私はぜーんぜん器用じゃないし、DIYなんて全然好きじゃないんですが、

「きもちのいい家」をあきらめたくないので、しょうがなくやっています。

 

DIYは「ものづくりが好きな人」だけがやるもんじゃなくて、「きもちよく暮らしたい人」がやるべきものだと、私は思っています。

紙ヤスリで削っただけで、あまり好きじゃなかった赤茶の塗料の下から、

なんとも味のある木目がでてきました。

達成感を感じる瞬間、私の家になった瞬間です!

 

器用じゃなくてもできるDIYも、こちらでどんどん紹介していきたいと思っています!

 

 

タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です