toggle
2016-07-07

インテリアメール相談+ショールーム同行

毎日暑いです、DECO-TEです!

お店の商品は一向に増えませんが、お客様には「四次元ポケット」のようにほしいものをぱっと出すインテリアショップです。

先日はそんなインテリアショップにはじめてご予約いただいたお客様と、大阪のショールーム巡りをしてきました。

インテリアコーディネートサービスは頼みにくい?

お客様は京都でひとり暮らしをする女性です。iemoで私を見つけ、それからずっとフォローしてくださっていました。お店をオープンするにあたり、ぜひお部屋のことを相談したい!とわざわざ来て下さいました。

普段わたしがやっているのは対面のインテリアコーディネートサービスですが、じつは小規模なリフォームや模様替えでは非常に割高になってしまいます。ダイニングテーブルの買い替えだけを検討しているのに、基本料金を7万も取られたら…。自分で言うのもなんですが、頼みにくい料金サービスになっています。

今回のお客様も8畳ほどの賃貸なので、インテリアコーディネート料はやはり躊躇してしまう金額です。でも「もっと身近にインテリアのことを相談できる場所をつくりたい」という想いではじめたお店なので、なんとかお客様のお役にたてないか考えました。

インテリアコーディネートをもっと身近に=メール相談

bedroom

そこで以前やっていた「メール相談」を復活することに!メール相談では基本的にメールや電話のやりとりだけで、お客様のお部屋に行くことはありません。いつもは私が採寸して図面を起こしますが、部屋や家具の採寸はお客様ご自身でやっていただきます。アンケートを元に作成したインテリアイメージシートをつくりますが、それを購入・実現するかしないかはお客様の自由。購入額によって相談料がかわることもありません。

以前も「インテリアメール相談サービス」としてやっていたんですが、設定価格が安すぎました(泣)。また喜んでくださるお客様もいらっしゃいましたが、返信後なんの反応もなく、2、3回のやりとりではお役にたてなかったのかも、と落ち込んだりすることもあり、中断してしまいました。

でも今回「インテリアショップ」をつくったことで、提案した商品をBOUTIQUE DECO-TEから購入していただくことが可能になりました。相談、購入などやり取りが増えることで、よりお客様のことをよく知ることができるし、長くおつきあいもできます。

オプションサービス=ショールーム同行

今回お客様が京都にお住まいだったので、オプションとしてショールーム同行をつけさせていただきました。当初は無印のベッド+マットレスで悩んでおられましたが、お身体のコンディションからお客様にとっての最重要家具はマットレスだと考えました。他の家具は安いものでも、マットレスだけは妥協しないでほしい。さらに身体にふれるベッドやソファは、実際にショールームで複数の商品をくらべてみるのが一番いいんです。利き酒もそうですが、五感で感じるものって横に並べて比べないと微妙な差異がわかりにくい。

ショールームへ一緒に行くことで、お客様とメーカーの橋渡しができます。ショールームに行くと商品の多さやディスプレイに圧倒されて、あまり具体的な質問がわいてきません。なのでお客様が聞くべきことを、私がかわって質問します。

数ある中からお客様の要望に近い商品を絞ってみてもらうのも私の役目。どんなに品揃えの豊富なショールームでも、来てすぐに担当者がピンポイントで好みの商品をだしてくれることはむずかしい。いろいろ話をしてからでないと、好みってわからないんです。

お客様は「見に来て本当によかった」とおっしゃってくださり、気に入ったベッドフレームも見つかりました。
今後はそのベッドを中心として、コーディネートを提案させていただきます!

Ligne roset_ploum

いつものごとく写真を撮り忘れ、これは無事にお気に入りのマットレスをセレクトした後に見に行ったソファの写真です。自信をもっておススメできる、Ligne roset(リーン・ロゼ)のploum(プルム)ソファ。色も、座り心地も、形もすべてがすばらしい!BOUTIQUE DECO-TEでもご購入可能です。

お客様も広い家に越したらぜひ欲しい!と喜んでくださいました。買う予定がなくても、お客様と一緒に家具をみて反応を伺うことで、お客様の好きなものがすこしずつわかってきます。

インテリアメール相談は、現在サービスのご紹介ページをつくっております。近日公開!

今日はここまで、みなさんごきげんよう!

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です