toggle
2014-06-05

【失敗しない家具選び】通販で買うアンティーク!購入で気をつけるべき、5つのポイント

通販なら叶う、理想の家具との出会い

みなさん、家具はどのように購入されていますか?

私が京都にきたのは9年前、それまでは横浜に住んでいました。

そのころは当然、家具は現物をみて購入するものだと思っていました。

ところが最初に住んだ京都は市外北部の山の奥、

何を買うにも車じゃないと行けないような、まわりになーんにもない場所。

そんな場所にはもちろん家具屋さんなんてありませんでした。

DSC_0129

今は京都でも街中に引越し、大きな家具屋さんにも気軽に行けます。

それでもこういう仕事をしていると

日々モノにあふれる東京をうらめしい想いでみています。

DECO-TEではヴィンテージなど一点ものの家具も多く使っていて、

お客さまのご要望にあった一点ものを、短期間で探すのは毎回大変な作業です。

そんなときに助けてくれたのが、通信販売でした。

日本国中、世界中から素敵なアイテムを手に入れることができ、

こんなに便利なものはありません。

コツさえ覚えれば、失敗も最小限ですみます。

今日は利用の際の注意点をかきたいと思います。

1.直接体にふれる家具は、現物を見てから決める

人間工学的に家具を分類すると、3種類にわけられます。

  1. 人体系家具(アーゴノミー系家具)…直接人体を支えるための家具、椅子やベッド等。
  2. 準人体系家具(セミアーゴノミー系家具)…食事や書き物のさいにモノを支えるための家具。調理台や机等。
  3. 建物系家具(シェルター系家具)…収納や遮断のための家具。戸棚、タンス等。

私は1.の人体系家具、直接体に触れる家具は極力通販では買わないようにしています。


ソファやベッド、また高さ関係が重要な

ダイニングテーブルと椅子のセット等は必ず自分の体で確認しましょう!

たとえ高い交通費を払う必要があっても、それは必要経費!

だってその後何十年と使う家具、しかも人体系家具って大きいんです。

インテリアに与える視覚的影響ははかりしれません。

かたさや素材、サイズ感など、身体的、感覚的に

心地いいと思える家具はリラックスできる部屋にはかかせません。

2.お店のことを知る、あるいは試しに小さいものを買ってみる

ネットショップは写真が大事なので、どこも素敵にスタイリングされています。

ところがなかには「うますぎる」お店が…。

写真と実物がかけ離れていたり、傷がある部分が写真になかったり。

アンティークの場合は傷も味とはいいますが、

その度合いは好みの問題だったりします。

ぼろぼろ(失礼!)を「素敵!」と思うか、

ぼろぼろと思うかは、個人差があるんです。

そんな場合は、まずは小物を買ってみるのはどうでしょうか。

私が最初にネットショップで買ったヴィンテージは、ふくろうの貯金箱。

状態もきれいで、色や質感など、実物は写真通りでした。

小物だと10,000以下で手に入るので、

小さなものから自分にあうネットショップを見つけていくのはおすすめです。

ヴィンテージを小物でとりいれていくのはとっても楽しいですよ!

「私がすきなものにかこまれた部屋」になっていきます。

3.アップをよくみる!あるいは写真を送ってもらう

DSC_0144_2

アップを見ると、質感がよくわかります。

このラグはウールの糸を束ねて、

刺繍のように模様をつくっているのがアップでわかりました。

もしほしい家具にアップの写真がない場合、

ネットショップにお願いして写真を撮ってもらいましょう。

ちゃんとした家具屋さんなら快く引き受けてくれるはず。

そのとき「傷等もあったら教えてください」と、こちらの心配事を伝えてみるともっとスムーズです。

4. 搬入径路を確認!その家具、おうちに運べますか?

これはかなり重要!その家具、買ったはいいけどお家に入る?

棚やテーブルなど大きめの家具の場合は、あらかじめお店の人に

・住んでいるのがどんな場所か(マンションor戸建て、Ev.や階段の有無)

・出入り口の寸法

などを自己申告しておきましょう。配送方法も含め、家具屋さんに事前に確認することをおすすめします。

5. 届いたらすぐ開梱!すぐ確認!

アンティークやヴィンテージは、丁寧なお店であればあるほど、ものすごい梱包をされてやってきます。ついつい「あとで(取付ける時に)開梱しよう」なんて後回しにしがち。

でもそれは絶対ダメ!

とても繊細なアンティークは、輸送の振動等で塗装がひびわれたり、

ゆがんだりすることがあります。

もし購入前に聞いてなかった傷や不具合があれば、

すぐお店に連絡をして問い合わせをしてください。

お店が入っている運送保険で補償や修理をしてくれる場合があります。

最後に…

ネットで買い物できるようになって、ずいぶん選択肢がひろがりました。

ポイントさえ押さえれば、通販もこわくない。世界中からあなたの部屋にぴったりのアイテムを見つけてください。

関連記事