toggle
2014-06-06

【今日からできる模様替え】部屋を劇的にかえる方法 その1

おはようございます、京都のインテリアコーディネーターDECO-TEです。

 

私はお客様からご依頼いただいて、お部屋をきれいにするお仕事をしております。

お部屋ができたときにお客様をいかに「わーっ!」っと驚かせられるかが、

結構大切な使命だと思っています。

 

だってせっかくお金を払って「デザイン」を依頼したのに、

あまり変わってなかったら…、ねぇ?

 

というわけで、今日は驚かせる秘訣ーその1をご紹介します。

それは「照明を変える」ってことなんです!

 

照明だけで劇的に変わるインテリア

私が依頼していただいた段階で、大体天井についているのが、蛍光灯のシーリングランプ。

ひとつの部屋に必要な明るさを、一灯ですべてまかなってしまうほど明るくて経済的なところが売りです。

でもシーリングライトに照らされた部屋は影がなくのっぺりとしていて、
置いてあるものがどんなにいいものでも味気なくさせる力をもっています。

これでは「癒される」部屋にはできません。

 

アロマテラピー&リラクセーション シノア

「アロマテラピー&リラクセーション シノア様」

照明をかえるのはそんなにむずかしくありません。

方法のひとつは、単純に蛍光灯(昼白色)のランプを、電球色に変えること。

 

ただ昨今はLEDに変わり、ほとんどの照明が照明+ランプ一体型になってきましたね。

さらに調光だけでなく、調色(昼白色〜電球色)もできるようになり、

用途にあわせて照明の色が変えられます。

シーリングライトひとつ変えるだけで、お部屋の雰囲気の違いを実感できることでしょう。

※写真のショップのくわしい紹介記事は こちら から

 

多灯照明のすすめ

多灯照明というのは、いくつかの明かりでお部屋を照らすことをいいます。

シーリングライトのように1灯で均一に照らすのとは違い、

ひとつひとつの明るさは抑えつつ、

生活に不便がないように必要なところに必要な明かりを用意する、という考え方です。

こちらのお部屋はライティングレールに取付けたスポットライトで全体の明るさを、

ソファコーナーにペンダントライトをひとつ、ダイニングにシャンデリアをひとつ取付、

合計3種類のライトを使いました。

 

 

多灯照明のいいところは、まずお部屋の明るさに変化がでること。

ヴィンテージ家具だって、装飾の影がでて立体感がでるから美しいんです!

お部屋にも立体感が必要です。

 

もうひとつは、いろんなデザインの照明が楽しめること!

照明、それ自体がわくわくする要素がいっぱい詰まっている大切なインテリアなんです。

プラスチックでできたUFOみたいなシーリングライトじゃなく、

美しいシャンデリア、遊び心あふれるデザイナー照明、ヴィンテージのテーブルランプ…

そんななかからお気に入りの一点を選ぶことで、いつでもにこにこしちゃうような素敵なお部屋ができます。

 

照明を変える!ぜひご一考ください。

関連記事