toggle
2015-06-30

個性がお部屋にあらわれるってどういうこと?

おはようございます!毎朝娘がiphoneでお天気をチェックするので、今日から木曜までお天気が崩れることを知っているDECO-TEデス。天気予報みてもみなくても、雨降る時は降るんだよ、と思っていた私の娘なのに、だれに似たんだろうとよく思います。彼女の知識の半分はサザエさんでできているので、昭和の生活が身に付いているのかもしれません。

 

神戸のお客様が無事お引越しされました!

 

Interior decoration in Kobe #decote #interiordecoration #wallpaper #sanderson

@decoteが投稿した写真 –

およそ2ヶ月にわたってつくってきた神戸のお客様、28日に無事引越が終りましたとご連絡を頂きました。そして「我が家の居心地がよすぎて夢のようです」とメールが!これだからこの仕事をやめられません。正直建築やインテリアの仕事はひとつひとつ金額が大きいしお客様の人生に関わってくることなので、工事期間中ともなると悪夢にうなされたり、気づくと歯ぎしりしたりしています。手配ミスがあると「雑な私はこの仕事に向いてないかも…」と落ち込むし、それでもくよくよしていられないので別の方法を必死にさがして奔走します。 そうしてできたときお客様といい関係が続いていて、そこでの生活が問題なく始まったとき、本当にほっとして「もう少しやってみよう」と思います。

デコレーションの日

  今回あたらしい試みとして、工事完了後「デコレーションの日」を設けました。最近夏水組やDIY女子の影響で、新しいのにとても居心地のいいお部屋づくりが求められていると感じます。自分自身の部屋をDIYすることはあったものの、人様のお家を、しかも夏水組のような密度でできるかどうか、大きな不安もありました。それでも出来る限りはやってみます!とのことで、工具を山盛りもって伺いました。


一番不安だったのがこちらの枝。お客様に近くの公園で「いい感じの枝」を拾ってきてもらい、ワイヤーで吊るしました。「ワイヤリング」というフラワーデコレーションの技術を持っておられるお施主様に助けられ、葉っぱをまくととてもいい感じに!さらに小鳥をつけて、なにもない廊下にアクセントができました!
IMG_8659IMG_8658_2

小鳥さんに視線がいくことで、見る場所によって色の組み合わせが変わる壁の変化を楽しめるのもとても好きなところです。

 

今日もいろいろやってきました。#algue つけたり… #decote #interiordecoration

@decoteが投稿した写真 –


同じく廊下にAlgueというオブジェを取付けました。今回お部屋のそれぞれにテーマをもたせることで、お施主さんとのイメージの共有をしやすくしました。玄関や廊下のテーマは「異界への入口」。森へ入る時みたいな、どきどき、わくわくする感じを表現できるアイテムを二人でさがしてみました。
フランス語で海藻を意味するalgue、お施主さんとは「もじゃ」と呼んでいたのも、ヒミツを共有しているようで楽しかったです♪

IMG_8310

ちなみにalgueは7色!パーツを自分で組み合わせて自由な形が作れます。DECO-TEでも絶賛発売中です ⇒ メールください♪

 

DECO-TEがお手伝いするDIY、お役にたてたのか…

IMG_8653_2
洗面所には棚も作りました。ちなみに洗面所のテーマは「標本・採集」。熱帯魚が描かれた壁紙に、お施主さんがあちこちから集めてきた貝殻や生物のコレクションが並びます。

IMG_8626
トイレの床も張りました!赤い壁にあわせて、赤いモザイクタイルのクッションフロア。

ただDIYに関しては未だに迷いがあります。DIYはあくまでDIYで、職人さんとは頑丈さが違います。やっぱり職人さんは「あとでクレームのでない、きっちりした仕事」を目指しているので、例えばクッションフロアにしても張替えを頼むと、必ずトイレを一度外してはります。その分金額は高くなりますが、汚れがクッションフロアの下に入り込むことはありません。

今回の場合工務店さんが入っていたので、多少値段が上がってももう少しDIYの分量を減らすべきだったんじゃないかと思ってもいます。さすがに枝の取付けは頼めないけどね…。

#wall sticker 貼ったり… #decote #interiordecoration

@decoteが投稿した写真 –

あ、ウォールステッカーも張りました!これは落ちる心配がないので、こんなDIYならいくらでもやりますよ♪

まとめ:DECO-TEはじつは仲介者です

そんなこんなで作り上げた神戸のおうち。終ってしみじみ思ったのは、お施主さんらしいお部屋ができたなー!ということ。間違いなく私の中からはでてこないお部屋で、私はその実現を助けたに過ぎないと。考えてみたら今までつくってきたお部屋どれもテイストが違っていて、お施主さんの好みや想いがベースになっているお部屋ばかり。だからDECO-TEの作品ではなく、「○○さまとDECO-TEでつくりあげたお部屋」なんだと思います。今回それが作業というとても分かりやすいかたちだったので、余計にそう思ったのかもしれません。

撮影はプロの方にきちんと撮っていただきました。WORKSに近日公開予定です!おたのしみに♪

関連記事

コメント1件

  • […] さて、今日は神戸のインテリアコーディネートでやったあたらしい試み、第三弾!をご紹介します。(ちなみに第一弾は「改装済みマンションのあたらしいクロスをプロにペイントしてもらう」 第二弾は「お客様と一緒に、お部屋を飾り付けする」です) […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です