toggle
2015-10-07

いよいよ家具搬入、そして完成!

こんにちは、(もうすぐ)インテリアショップオーナーDECO-TEです。

ひとりで仕事をしているとついついのんびりしちゃって、全然仕事がはかどりません。同じひとりでももうすこし人と関わりながら仕事をしようと、外注検討中です。人とのやりとりってやっぱりいいです。お返事が楽しみです♪

さて、京都の女性から依頼があったお部屋もいよいよ最終日レポートまできました。

すべてを最終日に詰め込んだので、本当に長くエキサイティングな一日となりました!

 

まずはシャンデリアの取付

IMG_9290
朝一番にやってきてくれたのは電気屋さん。
先日開けた穴に下地をいれ、コンクリート面からシャンデリアを吊ってくれました。開けた穴をメダリオンとよばれる装飾で隠すため、私はあらかじめ注文しておいたメダリオンをスプレーで塗装。

いろんなデザインのメダリオンがあります

ポリウレタン製のメダリオンこのままでもいいような気もしますが、塗装をした方がよごれもつきにくくおすすめです。でこぼこしているのでスプレーで塗装するのが一番!と教えてくれたのは先日の塗装屋さん。あっという間に塗れました。

 

カーペットは200枚!

IMG_9350_2
で、わたしはというとおなじみ(スマイフィール限定)カーペット職人です。わんちゃんをとても大事にされていることもあり、(わんちゃんの)脚にやさしく、毛のお掃除がしやすく、さらに普通のタイルカーペットとは違うふかふかもこもこの高級感あるスマイフィールスクエアが最近のおすすめ。「やってみたい!」というお客様のお言葉に甘えて一日一緒に作業してきました。

ただわたしも200枚ははじめて、作業時間の見通しもたたないし、お客様をフルに働かせてしまってはたしてこれでよかったのか、プロに頼むべきだったのでは、と悩みながらの一日でした(*´Д`)=3お客様は「大変だったけど、意外に好きな作業でした」といってくださったし、6時半までかかりましたがその日のうちに終ったので本当にほっとしました。

 

カーテンも間に合いました

IMG_9353_2
午後から来てくれたのはおなじみ京都のFABRICAさん。
今回リビングにはChristian fishbacher(クリスチャン・フィッシュバッハ)というスイスのファブリックメーカーのものを使いました。ものによってイタリアの工場でつくられている生地は注文するのが夏だったこともあり、なんと!サマーホリデーに入ると2ヶ月以上工場が稼働しないなんていわれました。イタリアどんだけ休むねんっ!!!と関西弁で突っ込みたくなりましたが、今回選んだ生地はタイに在庫があったそうで、無事この日に間に合いました。タイの人ありがとう(*´∀`*)

 

そして家具がぞくぞくと!

IMG_9354_2
この日の4時頃からはそれはそれはすばらしい家具たちがぞくぞくと到着しました。大きい家具はお部屋が2階だったので送料はかさみますが設置までお願いします。筋肉もりもりの男性陣が出たり入ったりして、大型の家具を丁寧に運び入れてくれました。

 

そして作業は終りました

そして夕方6時半、すべてのカーペットをはり終わり、家具を納品し、お部屋は完成しました。

DSC_1412_2

リビングの出発点になったのはカリフォルニアを拠点に活動するアーティスト、シェーン・ボーデンのアートです。ファッション性が高く、使われているモチーフにロック・テイストを強く感じたので、全体をロックやファッションをテーマにまとめていきました。

DSC_1411_2

ただ女性の部屋でしたので男くさくなりすぎないよう、優美なシャンデリアをつかったり、とてもはだざわりのやわらかいビロードのカーテンや、シルクを思わせるテロンとしたレースで柔らかさをだしています。

DSC_1405_2

一方寝室はこのブログでも解説してきたとおり、ゴシップガールのブレアの寝室のような、女性らしいクラシックエレガントです。大人の女性のお部屋なのであまり甘くなりすぎないよう黒やマホガニーの家具で引き締めてます。こちらのファブリック類は逆にやわらかくならないよう気をつけました。

DSC_1406_2

お部屋の飾り付けはいままでしてこなかったんですが、気に入って頂けたらプレゼントしようとドレッサーを勝手に飾り付けちゃいました(笑)「散らかっても絵になるドレッサー」にしたかったので、高低差がつけられる小物を投入するととてもよくなります。引出しにもなる洋書風の箱を重ねて小さめのランプを置いたり、化粧品類が立体的に見えるようガラスのキャニスターやケーキトレイ等を置いてます。

 

というわけで、今回もお客様に喜んでいただけて本当にほっとしています。

このお部屋でおしゃれをしたり、映画をみたりするお客様がクリアにイメージでき、お客様にぴったりのお部屋になったんじゃないかなと自負しております.今回もプロの方に撮影をお願いしたので、次回もう少しきれいな写真をお届けできると思います!

というか、作品としてきちんとご紹介できてない物件が多数有りっ、猛反省!がんばらなくちゃ!

それではみなさん、ごきげんよう!よい一日を!

関連記事

コメント1件

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です