toggle
2016-05-27

ROCK’N ROLLというインテリアスタイル

e9aff76b7cd250b4748523e4c5d1ce75

おはようございます、DECO-TEです。

最近改めてKate moss ケイト・モスについて調べていて、彼女のかっこよさに圧倒されています。彼女は私と同い年、1974年生まれの42歳。彼女がモデルとして注目され始めた頃、ちょうど私もELLEやVOGUEに夢中になりました。当時のスーパーモデル、リンダ・エヴァンジェリスタが大好きで、それに比べてケイトは貧相だし、ぼけっとしてるし(ケイトごめん!)あまり好きじゃなかった。

でもその後見かける彼女はやっぱり有無をいわせぬかっこよさがあって、その存在感と彼女独自のファッションセンスに今頃夢中になっています。

彼女のファッションはその生き方に裏打ちされているようです。音楽が大好きでミュージシャンのボーイフレンドも多く、野外フェス会場でのファッションがそのまま流行になってます。今日はそんな彼女が大得意なロックテイストをインテリアで取り入れる方法を解説します!

ROCK’N ROLLというインテリアスタイル

実はあるんです。

私が大好きなイギリスのインテリアデザイナー Abigail Ahern がその著書の中で提案した5つのスタイルのうちのひとつ。

“ROCK’N ROLLインテリア”は、慣習にとらわれることなく限界に挑戦するスタイル。それは自己表現としてのインテリア。ちょっと変わった仕上げの家具、衝撃的な色使い、宮廷におかれるようなアート、遊び心あふれる調和。それは大胆で、きらびやかで、すばらしいスタイルです!

一番確実な方法、それは「素材で取り入れること」

daeb344ab3a3a15969ab7098c0f16139 f8fbd3c4a253c803125f039ff4bf1475 7cf127d93913337ace65bd50a98376bf

むずかしいことは考えずに、まずはロックを思わせる素材をイメージしてみてください!

レザー、ベルベット、グリッター、ファー、スタッズ、サテン…

小物使いでもいいので、そんなアクセントをちょっといれるだけで雰囲気はROCK’N ROLLに。

DSC_5295_Dxobps2

こちらはDECO-TEがお手伝いした京都市の女性のお部屋です(詳しくは…「ロックテイストのリビングとブレアの青の寝室」)。

アートがファッションと音楽に影響を受けているアーティストの作品だったので、インテリアもレザー、ベルベット、スタッズ、シャンデリアを取り入れ世界観を統一しました。

5c7019dbcdb48b69a91b384b1ada26b1

ベルベットはソファに取り入れても素敵です。奥のゴールドのフレームとリンクし、奥行きを感じさせます。

 

23957a8e4db1ac599e59f7602f659cf8

フランスはエリティス社のクッション。シルク、リネン、ベルベットと素材はいろいろですが、マスタードやレオパードを思わせる柄、金のパイピング等「ROCK’N ROLL」を連想させます。

 

23a24daeaf4192eb0c9de761c822d897

レザー、ファーの素材をミックスし、黒で引き締めます。そこにKate Mossの写真集を置けばROCK’ ROLLスタイルの出来上がり!

 

「ビーズ」から着想を得たライト。いま一番取り入れたいインテリア、大流行のカッパー(銅)色です。

「ビーズ」から着想を得たライト。いま一番取り入れたいインテリア、大流行のカッパー(銅)色です。

 

3-bordeaux-deco-elephantintheroom

これぞエクレクティックスタイル!クラシックな建物にモダンな家具、たっぷりとしたレースにベルベットカーテン。これらをひとつにまとめているのがROCK’N ROLLがもつ規範にとらわれない、革新的な世界観です。

 

いかがでしたか?

ぜひ「むずかしい!」と思わず、ファッションのように気楽に考えてみてください。イメージボードに貼付けるのはインテリアの写真だけじゃない、ファッションスナップも十分想像をかきたててくれます!

※使われている写真のなかのものは購入できるものが多数あります。お問い合わせください♪

お名前、連絡先、問い合わせ商品をご記入の上、こちらまで

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です