toggle
2015-12-21

コーディネーターのお仕事 – ショールーム同行

おはようございます。インテリアコーディネーターDECO-TEです。

ようやくサイトの環境が整ってきて、これからどんどんインテリア情報をお伝えしていくことができます。うれしい!

 

さて今日は、私がインテリアコーディネーターの仕事でとっても大切にしているもの、ショールームへの同行についてお話しします。

DECO-TEのインテリアコーディネートサービスについては、今のところ関西のお客様(と、一部東京)に限定させていただいています。やはり一度は現状を自分の目で見て確認し採寸したい、というのが大きな理由ですが、もうひとつお客様と直にしゃべる中でコミュニケーションを密にとっていきたいという想いからです。

img_151221_01

京都のHさまとダイニングテーブルをみてきました♪

もう2ヶ月も経ってしまいましたが、10月末に行ったHさまとの家具探し。小さいお子さんもいるのに、朝から5件の家具屋さんにおつきあい頂きました。もちろんそれまでにお互いにイメージを固め、こちらでも何点かイメージにあうものをセレクトしておきます。加えて家具屋さんにお願いして、倉庫から希望の商品をショールームに出しておいてもらう等もして準備します。

そうやって準備して一緒に家具屋さんへ行った時に、本当にたくさんの濃いお話をお客様から聞くことができるんです。お客様の中でもお部屋のイメージが少しずつできているので、たくさんある家具の中から見るべき家具がわかります。また「これいいなー!」という気軽な感想から、私もお客様の好みをより正確に把握できるようになってきます。

写真でおすわりになっているセブンチェア、Hさまご夫婦はその座り心地にとても感動されていました。セブンチェアは薄い板を重ねた積層合板を体にあわせて立体的に曲げてあります。そのため優しく体に添い、寄りかかった時に押し返してくれるバネの様な背もたれになっています。そうやって実際の座り心地を体感してもらいながら、いろんなお話をしてお客様が決めやすいようにお部屋全体を考えていきます。

 

img_151221

今回は少し時間をかけてお部屋をつくって行く予定で、まず決めたのがカーテンとこちらの椅子。天童木工のハイバックチェアです。

こちらも曲げ木でつくられとても軽い椅子ですが、張り地のクッションがとてもしっかりしていて、包み込まれる様な座り心地です。こちらは即決!ご夫婦ともに気に入った椅子が見つかって本当によかった。打合せの最初の段階で、リビングはパーソナルチェアにしぼろうという結論にいたりました。お部屋の形状からソファを置くと少し窮屈に感じられ、また今の生活スタイルからソファは必要ないようでした。そのため家具巡りの日はとにかくたくさんのパーソナルチェアに座って頂き、サイズや形状の違いからくる座り心地の違いを体感して頂きました。無事に「理想の一脚」に巡り会えて一安心。

というわけで、DECO-TEのインテリアはお客様と一緒につくっていくスタイルです。つくりたいイメージがはっきりしない、というお客様もぜひお気軽にご相談ください。一緒にああでもない、こうでもない、と考えていきましょう。

 

昨日大掃除が少しすすんで、ちょっとほっとしています。あとは年賀状!それではみなさんごきげんよう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です