toggle
2015-07-08

もっとあかぬけたお部屋に!そんなときはこれをとりいれてみましょう♪

おはようございます、インテリアショップオーナーのDECO-TEです。

最近の週末は、娘が習っているソフトテニスで練習相手としてテニスをしています。テニスは嫌いじゃないし、一応試合なので小学3年生相手だとはいってもムキになってやっています。泣いて笑ってその時は青春を感じますが、その日から3週間ぐらいは片足があがりません。あー、やだやだ。

さて、今日は神戸のインテリアコーディネートでやったあたらしい試み、第三弾!をご紹介します。(ちなみに第一弾は「改装済みマンションのあたらしいクロスをプロにペイントしてもらう」 第二弾は「お客様と一緒に、お部屋を飾り付けする」です)

 

DECO-TEとしてははじめて、輸入壁紙を取り入れました

そう、あたらしい試みの3つめは輸入壁紙を取り入れたこと。


ユニットバスは古かったので当初から新しくしたいというご要望がありましたが、洗面所は特に問題がなかったのでそのまま使うことに。でも普通でつまらないなー、だけどそんなに広くないしやりようないかなー、なんてお話してました。そんな中から出てきたのが輸入壁紙!あまり飾るスペースもなかったので、じゃあ壁全体を飾りみたいな壁にしちゃおう!と。

大阪WALPAストア

大阪WALPAストア

輸入壁紙は納期がかかるのがわかっていたので、お客様と第一回目の打合せで、もう壁紙を注文しにいきました。このときが引越のほぼ2ヶ月前。洗面所のテーマは「採集、標本」と決めて、貝殻やお魚、珊瑚礁などのモチーフを集めましょう!とお店へ行きました。

 

洗面所のテーマを決めてくれた、美しい壁紙

Cole&Son / FORNASETTI 2 ACQUARIO

実はお目当ては実際に張られたものとは違う壁紙、イギリスの壁紙メーカーCole&Son社のACQUARIOというシリーズでした。素敵でしょう!!!
この写真から、採集や標本、貝殻や珊瑚礁などのイメージが決まったんです。実際にみてもやっぱり素敵。それはそれはすばらしい壁紙でした。

すばらしいんですが、お値段もすばらしい。輸入壁紙はロール(幅は60〜70cm程度、10m巻き)単位で注文します。こちらの商品は1ロールで38000円です。38000円はご納得いただいていたんですが、壁1面を1ロールで貼れるかというのが微妙なところでした.貼れない場合は2ロール買わなくてはいけない。値段は倍になります。お店でシュミレーションしてみると、やはり1ロールではむずかしいことがわかりました。ちょっと長くなりますが、参考に詳しく説明いたします!

 

壁紙を選ぶ時に気をつけること

さきほどの壁紙の商品ページをみると、品番、素材、サイズの下にリピート:76cmステップとあります。ここが重要です!

この壁紙のふぐに着目していただくとわかりやすいんですが、背中が赤いふぐから背中が赤いふぐまでが76cmあるということになります。ふぐが76cmごとに繰り返すと。さらに隣の魚の列をみていただくと、となりのふぐはちょっとずれています。これが「ステップ」とよばれるんですが、壁紙を上から下まで張ったら、隣にはる柄は半分ずらして張らなくてはいけません。そうすることでふぐが同じ高さに並ぶことなく、なんとなくランダムにいるような雰囲気になります。

これはカーテンも同じで、柄のものは単純に必要な長さがあればいいのではなく「柄が何個分必要か」という風に計算していきます。当然ひとつの柄が大きい(リピートが大きい)と無駄がいっぱい出てくる訳です。

そんな訳で、この壁紙を選ぶと76000円かかる、ということに。ちょっと高いなー。

 

輸入の壁紙を選んできました( ´ ▽ ` )ノ #wallpaper,#fish

@decoteが投稿した写真 –

そこへでてきたのがこちらの壁紙。貝殻やお魚、珊瑚礁などのデザインモチーフをきめていたおかげで、大量の壁紙の中から「お魚がプリントされている」素敵な壁紙と出会うことができました! こちらの壁紙はリピートが31cm、お魚が小さいので小さく繰り返しています。しかもステップではありません。だから同じ様なサイズですが1ロールで貼れる、ということがわかりました。面白いでしょ?こういう細かいことをきちんとやっていくと、コストダウンができたりします。  

あたらしい出会いもありました!

もともと洗面所の壁紙をさがしにいったんですが、それをさがす過程で別の壁紙も見つけました。「「標本」みたいなイメージでつくりたいんですよねー」とお店の方にお話したらでてきたのがこちらの壁紙。

Sanderson Voyage of discovery

お客様がとっても気に入られて「魚じゃないけどいいです!」とまで言われたんですが、やっぱり洗面所は初志貫徹していただきました(笑)そのかわりリビングにこの壁紙を使うことに!この壁紙と出会えたことで、リビングの雰囲気がぐっとあか抜けました。 
※こちらの商品もWALPAから購入したんですが、今はお取り扱いがないようです。じ、つ、は、インテリアショップDECO-TEではお取り扱いできますので、興味がある方はメールくださいね♪お部屋にあわせた壁紙をセレクトさせていただきます!

そしてプロに張ってもらいました

 


WALPAさんではDIYを推奨されていて、実際ワークショップで張ってみたらとっても簡単だったんですが…。やっぱり素人は素人、こんな高価なものを失敗でもしたら…。弁償します!とかいってもまたそこから1ヶ月かかる訳ですから。とてもこわくてできません。というわけでプロに頼むのが一番!

 

で、こんなふうになりました!完成と、反省点

DSC_0937_2
DSC_0942_2

お客様にも満足していただき、とっても個性的なお部屋になりました。家ってもっともっと遊べるな、と思いました。

反省点もひとつ。覚悟していた納期ですが、やっぱりぎりぎりでした。6月末のお引越と伺っていたので、5月の連休明けにお店にいったんですが、商品が決まってから工務店さんにやってもらえるか確認⇒お施主さんに購入のための手続きをお願いする⇒お店が振込確認後発注⇒きちんとした納期はわからず、だいたい1ヶ月ぐらいといわれる⇒何の連絡もないので、納品される予定の週に電話で確認したらまだオーストラリアにあるって!?⇒どっかーん!お店の人にやつあたり⇒結局それから4日ほどで届きました。

お客さまにも、工務店さんにもはらはらさせちゃって、WALPAさんにも文句をいっちゃって(でも大変丁寧に対応していただきました)、本当に申し訳なかったです。輸入壁紙をいれたいんだったら、もっと余裕を見なくちゃいけません。

でもなー、たとえば引越2ヶ月前で、もう余裕がないので輸入壁紙はあきらめましょう、と思えるかな。思えないよなー。そんな課題が残ったまま、とりあえず結果オーライで、本当によかったです。
早く梅雨があけますように!みなさんよい一日を!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です