toggle
2015-07-10

コーディネーターはどこまでつくってくれるのか

おはようございます、京都インテリアショップオーナーのDECO-TEです。

昨日は無事お引渡の済んだ神戸のお宅へ、+αのDIYと、確認してなかったソファと鏡を見に行ってきました。6月末に引越したばかりなのにもうきれいに片付いて、とてもすっきりとかわいく暮らされていましたO(≧∇≦)O

IMG_8774_2
ほらー!もうすばらしいでしょ?かわいいものをいっぱい知っているお客様、「座れるライオン」は最初から絶対置きたい!とおっしゃていたアイテム。リビングはそこから出発したんです。最初はジャングルかなーとつくっていたんですが、話していく中であまり暗く、鬱蒼とした感じがお好きじゃないことがわかり、イメージテーマを「サファリ」に変更しました(笑)もちろん映画のセットみたいに厳密にサファリの世界をつくるわけじゃないんだけど、ジャングルをイメージして作るのと、サファリをイメージして作るのではやっぱりできてくるものが違うんです。開放感とか、陽のさしこみ方とか、置くものとか、ちょっとしたものが。

 

どこまでをつくるか、どこから渡すか

 

IMG_8777_2

ピンクのお部屋もかわいくなっていました。ちょっとクラシックな鏡は一緒に選びましたが、星のガーランドを選んだのはお客様。このお部屋は外国のティーンのお部屋みたいにしたいとのことで、飾り付けもかわいくしたい!とご要望がありました。最初は飾り付けやもの選びも一緒に、とご要望があったんですが、やっぱり元々がかわいいものをよく知っている方なので選び方にこだわりがありました。

 

IMG_8776_2

 

なので途中からは細かい商品はご自分で選んで頂いて、私はその飾り方や場所などを考えます、と方向転換。そのことであちこちから集めてこられたかわいいものを、ご自身で飾るという楽しさがわかりました!とおっしゃって頂けました。何回か一緒に作業したり、飾るものから飾る場所を考えることで、自分でもちょっと手を動かせばぐっとよくなる、というのを実感されたんだと思います。正直私の家ではこんなにまめに手を動かしてないので、わずか10日ほどでここまで工夫されていて、本当に尊敬しちゃいます!鳥増えてるし、枝もいい感じにバージョンアップされてます♪

 

洗面所の棚、扉をバージョンアップ!

IMG_8646
で、昨日はなにをしてきたかというと、洗面所の棚の扉にダイノックシートを張ってきました。ダイノックシートは分厚いシールみたいなものなんですが、とっても丈夫なのでよくキッチンの扉や家具のイメージをかえたい時に使われる材料です。木目柄、石目柄、今回の様なガラスモザイク柄やスパンコールなど、いろんな柄や色から選べます。
IMG_8769_2
これはちょっと緊張しますが、作業自体はとっても簡単。シール張るだけですから。空気が入らないように付属のへらで表面をこすって、4枚の扉に貼ってみました。

IMG_8770_2IMG_8771_2
かわいくなりました♪そんなこんなで祝杯をあげさせていただき、無事に終了です。

今回のDIYはあくまでもおまけ。インテリアコーディネーターの仕事はあくまでも引渡まで、自分では最低限の背景の部分をお手伝いさせていただいていると思っています。DECO-TEにご依頼くださるお客様は「大好きなお部屋」のイメージをお持ちなので、引渡がすむととっても上手に飾り付けされます。最初は「飾り付けはどうすれば?」というお客様でも、お部屋の形ができてくると「私でもできるかも!」と思われるようで、それがまたうれしい♪

つくりたいお部屋があるのに一歩をふみだせないそこのあなた!ぜひ一緒にかわいいお部屋をつくりましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です