toggle
2015-09-07

オンリーワンのお部屋をつくるための買い付け日記

ごぶさたしております、京都インテリアショップの(名前だけ)オーナー、DECO-TEです。

毎日どんよりしたお天気で、頭も痛いです。あ、頭が痛いのは最近少女漫画を読みすぎて目が疲れてるからかな♡

 

海外ドラマみたいなお部屋をつくる家具はどこに売ってるの?

さて!

DECO-TEはいま本当に毎日かけずり回っています。そう、今取り組んでいるお部屋づくりのためです。私のブログをみてくださる人はやっぱり海外インテリアとか、海外ドラマや映画のインテリアが好きな人ばかりだと思いますが、よく聞かれるのが「こういう家具はどこに売ってるの?」ということ。いや、ほんと売ってないんです。だから大変。

living

めでたくインテリアテーマが決まると、さあそれを実現する家具をセレクトしましょうとなるわけですが、そこからしばらくは地獄の日々です。基本的には新しいものと古いものを組み合わせてつくっていきます。古いもののなかに新しいものをいれると「いまっぽさ」「新鮮」な感じがでるし、強度的にもやっぱり新しいものは安心、というのもあります。

毎日ひたすらネットをチェックアンドリサーチし、最適な家具が見つかってもアンティークだと売れてしまう可能性がある。でもお客様は全体のイメージや予算がきまらないとなかなか購入の決断ができないので、そこから見つかった家具を中心に他をあわせていきます。正直いつもあまりの見つからなさに「このままだと納得いく提案ができない…」と泣きそうになります。でもさがす。

基本は実物をみてもらいます

IMG_9058_2

加えてソファとか体にふれるものはできるだけ実際にお客様に座っていただきたいと思ってます(理由はこちら⇒【失敗しない家具選び】通販で買うアンティーク!購入で気をつけるべき、5つのポイント)感覚はなかなか説明できないし、体格差があるので座ってみたらちょっと座面が高かったということもあります。というわけでお客様とショールームめぐり。

IMG_9068_2

あたらしいものも見られるなら見に行きます。写真はTOYO KITCHEN大阪ショールーム、なにしろおおきい!ので見応え十分です。お客様とのショールーム巡りもとても楽しい。ランチを食べながらゆっくりおしゃべりしたり、お客様の意外な一面を発見したり。

 

一人でも見に行きます。行けるところは行きます。

IMG_9129_2
お客様が働いておられる場合は、打合せできる日が限られてきます。そういうときは1人で行って、私が代わりに体感してきます。写真はドレッサーとあわせる椅子の高さを確認しに行きました。なんで裸足かというと、家で使う場合を想定しているから。ヒールの靴と素足とではやっぱり(もちろん)違います。

というわけで、だいぶ決まってきてちょっとほっとしているところです。

と思ったのもつかの間!リフォームもそうですが、インテリアでもじゃあ実際取付けましょう、となるとちゃんと問題が発生します!

それはまた次回♪

今日は先日のお客様アロマテラピー&リラクセーション Shinoaさんへレッスンを受けに行く予定です。楽しみ!

関連記事

コメント3件

  • […] 理想はお客様に実物を見ていただくことです。しかし、お客様が忙しい場合は打合せできる日が限られます。 その時は松本さんおひとりで行って代わりに体感する重責を担います。こちらの写真はドレッサーとあわせる椅子の高さを確認しに行ったときのものです。 松本さんなぜかサンダルを脱いで裸足に!これはお客様が家で使う場合を想定しているから。ヒールの靴と素足とでは座った感じは違うのだそうです。 とことんお客様の満足のために奮闘する松本さんらしいですね。 今回の買い付けに関してはインテリアアイテムもだいたい決まってきて松本さんもホッと一息ついたご様子。 しかし、これをお客様のお宅に実際に設置するまで松本さんの奮闘はまだまだ続くのです。 DECO-TEさんサイトはコチラ↓ ドラマティックインテリアDECO-TE […]

  • […] 玄関は「異世界への入口」です。廊下は淡い紫でペイントし、海藻や木の枝で飾り付け、各お部屋へとつながる空間になっています。 壁と天井は「夜明け」という意味をもつROOMBLOOMの“dawnpink”をセレクト。夜と朝の間、森の入口、外と内・・・そんな“境界線”のような微妙な雰囲気が、個性的なテーマを持つお部屋をうまくつないでくれます。 いかがでしたか? 日本の画一的な「普通のお部屋」を個性的にかえるって、実はとってもむずかしいのだそうです。色の力、柄の力、アイテムの力、そしてそれらを組み合わせて、デコレーションする力。いろいろなものを総動員して作っていかなければなりません。 そんな感性、コーディネート力がインテリアコーディネーターさんの手腕が問われるところですね!これはなかなか素人には難しい・・・。自分ではどんな雰囲気が好みかはわかりますが、やはり住空間全体としてバランスと取るのは、プロフェッショナルのなせる業。オーナーさんの希望とそれを統合してベストバランスに紡ぎ上げるインテリアコーディネーターさんのケミストリーなしには、素敵ルームは出来上がりません! おうちは自分本来の「素」になれる数少ない場所。大切な空間を理想に近づけて、毎日をハッピーにしたいですね♡ DECO-TEさんサイトはコチラ↓ ドラマティックインテリアDECO-TE […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です