toggle
2020-04-03

おすすめインテリアデザイナーのインテリア解説動画

こんにちは、京都のインテリアデザイナーDECO-TEです。

3月後半に展示室の改修が終わり、春休み中はゆっくりと過ごしています。
今後どうなるかわかりませんが、唯一私にできることは子どもたちと家にいることと、家でじっとしています。

インテリアデザイナーの講座を受講しました

そんないえ時間を実りあるものとするためにいろいろとやっているんですが、その中のひとつが海外のインテリアデザイナーの動画をみること。
英語の勉強にもなるし、レベルは違えども同じ職業の方たちが日頃どんなことを考え仕事をしているのか、とっても刺激を受けています。

そこで今日は世界で活躍している2人のインテリアデザイナーのおすすめ動画をご紹介いたします!

アメリカのインテリアデザイナー Kelly Wearstlerのインテリアレッスン

アメリカで活躍しているインテリアデザイナー、Kelly Wearstlerです。彼女の魅力はやはりものすごくファッショナブルであること。モデルのような抜群のスタイルで最先端のファッションを着こなし、そんなファッションと同じ様な感覚でホテルや豪邸のインテリアをデザインしています。すごくラグジュアリーで、グラマラスなインテリアなんです。

レッスンでは色について、素材について、どうやってインスピレーションを得ているかについて、いろいろと語ってくれています。照明やファブリックまでオリジナルでデザインしちゃっていてなかなか真似できませんが、世界の一流のインテリアはこんな風につくられているんだと知ることができます。

動画は「Master Class」というオンラインレッスンのひとつなので、年会費を払わないと見ることができません。でも他にメイクアップアーティストのボビー・ブラウンやVogueの編集長アナ・ウィンターのチーム論などもあり、せっかくなのでいろいろと勉強してみようと思っています。

イギリスのインテリアデザイナー、Abigail Ahernのインテリア解説

イギリスのデザイナー、Abigail Ahernのインスタグラムです。彼女の本を買って以来ファンで、インスタでフォローしています。最近は動画で彼女自身の家を解説してくれていて、人のお家を覗き見るようなわくわく感を味わいながらみています。

むっちゃイギリス英語、早口で正直ほとんどわからないんですが、彼女のキャラクターがとても好きで。ケリーとは対象的に、ボロボロのジーンズにボサボサの髪、厚底ブーツを履いていたりしています。インテリアにも独自の哲学をもっているので個性的なお部屋ですが、まさにそこで毎日を居心地良く暮らしているのが伝わってきます。

プロとして、自分のスタイルを持つことの大切さ

彼女たちのインテリアを見ていて、その確立した個性に圧倒されます。インテリアのプロとして、どんなスタイルのインテリアも作れます、というスタンスじゃないとと思っていましたが、それは実は最低レベルであって、やっぱり「私のスタイル」は持たなくちゃいけないと思い直しました。

自分の家もいくつか直すべきところがありますが、実は好きなものが多すぎて選べない、という情けない部分も…。もっと自分の好きを突き詰めなくちゃいけませんね。がんばろう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です