toggle
2015-07-24

【京都】大人の癒し空間 – アロマサロンのインテリア

京都市中心部にある、アロマテラピーサロンのインテリアコーディネートです。

通常のトリートメント施術に加え、セラピストの育成や学術的なアプローチを大切にされる本格的なサロンのため、どんな方がいらっしゃっても恥ずかしくないようなきちんとしたサロンを作りたいとのご希望でした。

お部屋は賃貸で大掛かりな工事はできないため、インテリアの工夫で高級感を出しながら、リラックスできるお部屋づくりが求められました。

最高の立地に位置する、マンションの一室

お部屋は京都市役所そばに位置し、便利な場所ながらしずかで格調高いエリアにありました。シンプルな1DKの間取りに、施術スペース、講座のためのテーブルと椅子、小物を販売できるショーケースの設置をご希望されました。

Before:標準的な内装のワンルームマンション

最初に物件を訪れたときに気になったのが、床材でした。ビニル系の床材はヒヤッとして硬い感触、光も反射します。床が硬いため、音が反射するのもサロンとしてはふさわしいとは思えませんでした。

床はDIYで、カーペットタイルに変更しました

床はDIYでカーペットをはりました。当初はラグ等も検討しましたが、ラグでは元々の床の色がみえてしまうので、ちょっとごちゃごちゃしてしまいます。色の数を減らしてできるだけすっきりさせるのも、高級感を出したい場合に有効です。

床をグレージュとよばれる「グレー」と「ベージュ」の間の様な色をつかうことで、濃い色の家具が引き立ちます。

今回使ったのは、東リのスクエア2400/ソワレという商品。とても肌触りがよく毛足が長いので高級感がありながら、外して水洗いできるというすぐれもの。アロマの施術でオイルが床につくこともあるそうで、今回の物件にぴったりでした。

敷き詰める場合はカッターで切ることができます。ドアの部分とかでこぼこしているところも、ねばり強く丁寧に切っていけばとてもきれいに納まります。

壁紙はそのまま、照明器具を変更

壁は一番面積が大きい部分。賃貸でも「(退去時に)はがせる壁紙」というのがあって、輸入壁紙などを使っても素敵になります。ただ今回はサロンで重要になってくるテーブルや椅子、ファブリックにを主役とするため、壁をいじるのはやめました。

主役のアンティーク家具とカーテンを引き立てる、やわらかい色調

蛍光灯では灯りが強すぎるため、調色できるタイプの照明器具に変更。結果真っ白なビニルクロスが、ちょっと落ち着いたホワイトベージュになりました。
これが照明マジック。壁は光を反射して印象をつくっているものなので、光そのものをかえることで壁の色もかわります。

出発点となったカーテンのセレクト

今回のお客様は、私がコーディネートさせていただいたお部屋を気に入ってご依頼くださいました。そこのお部屋はカーテンにこだわったので、こちらでもぜひ素敵なカーテンを選びましょう!と向かったのはおなじみFABRICAさん。そして…

ペールトーンが美しい、pasaya社のカーテン

素敵なカーテンは、タイのpasaya社のものです。施術室に入って真っ正面にみえるのがこちらの窓なので、いわゆる「フォーカルポイント(インテリアで視線が向かう場所として重要視されている場所)」になります。

全体的にシンプルに作ってきたので、カーテンだけは柄を入れて女性らしい雰囲気を加えましょうということになりました。

華やかさをもちながら、ノーブルな雰囲気

大輪の芍薬、這う様な枝振りが野性をかんじさせて、品がありながらもゴージャスな雰囲気に仕上がりました。光沢のある生地や色合いが、なんとなくチャイナドレスを思わせて、不思議とオリエンタルな感じがしますね、とお話ししたのが決め手となりました。

実はお客様のサロンのお名前が、「Aromatherapy & Relaxation SHINOA」さんとおっしゃって、フランス語で中国という意味なんです。クールビューティーなお施主様の雰囲気にもぴったり。こうした偶然がインテリアの仕事で出会う、感動的な瞬間でもあります。

そして、完成しました

京都の真ん中に、癒やしのスポットができました

お部屋の印象を劇的に変えるには、なんといっても「広い面」を変えるのが一番です。上の写真でいうなら「白い壁(天井)」「ビニル素材の床」「窓」ということになります。家具や小物にいかに高級なものを使っても、「広い面」がこのままだと部屋の印象はさしてかわりません。逆に「広い面」さえきちんとつくれば、家具が普通でもお部屋の高級感はぐっと増します。

お客様と打ち合わせを重ねる中で感じた、アロマや癒やしに対する情熱と知性。出来上がってみると、きちんとそういう雰囲気がサロンのお客様にも伝わるお部屋になったんじゃないかと自負しています。

Shinoa<シノア>さんのホームページはこちら 
            → アロマテラピー&リラクセーション シノア

関連記事

コメント2件

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です